現時点でのレノファ山口の移籍について

2016J2リーグ戦が終わり、始まったのはストーブリーグ
昨年までは強い関心のなかったこの移籍期間
今年のレノファ山は色々大変な状況からスタートしている、というのが感想

一番驚いたのはセンターラインの選手の移籍が多いこと
トップの岸田、終盤での加藤は契約更新となったが中山は未だ不明
トップのポジションでも活躍出来ていた原口の移籍
トップ下というポジションで考えると福満の移籍
インサイドハーフとゲームメイカーである庄司の移籍
攻撃や守備でのバランサー平林の退団
庄司との競争を期待していた望月の期限付き満了
センターバックの北谷、福井、尹、奥山の移籍、退団
ゴールキーパーの一森の移籍

そしてサイド側で見ると
不動のサイドバックの小池の移籍
ゲームキャプテンの島屋の移籍
ドリブラーとして終盤で活躍していた安藤の退団
フリーキックなどでも活躍できた黒木の移籍

また出場機会のなかった篠原の退団、田端の引退

と多くの選手が山口を離れる結果となった

正直、今回の退団選手についてそこまで大量解雇する必要があったのか?と疑問が残る

仮に新しい選手が入ったとしても戦術としての予備は必要ではないか?
選手の起用によって対戦相手のスカウティングを壊せるのではないか?
と考えるのだが

そこについて結論なんてものはシーズンが終わって振り返ればいいものだけど、いま現状で思いつくものを残してみたい

1、脱庄司
今シーズンも数多くのボールが庄司に集まり、そこから攻撃が始まるパスサッカーだった
しかし、彼の調子次第、または周りの調子次第で攻撃の組み立てには差はあったと思う
フリーの選手を探して適切なパスは庄司のストロングポイントではあるがそこを見つけられなかった時のパスは魅力がなかった
また、前方にフリーの選手がいるときにでも周りの選手がまず庄司にボールを預ける場面も多かったため、攻守の切り替えが遅かった場面もあった。
そうなれば、庄司という選手を「最初から」無いものとしてチームを組み立てたいという思惑があったのではないだろうか。

2、よくやった感の解消
レノファ山口の選手の多くが地域、JFLからの個人昇格、またはJ2で出場機会が少なくなった選手が多くいた
その分、活躍していることに選手の成長、一緒に上がっていく感覚は多くあったがチームという会社にとって勝負であり、満足を求めて運営しているわけではないとしたかったのではないだろうか。

3、新しい戦術の構築
新しく入団が発表された選手は将来が期待される若手、既に経験豊富なベテランと幅の広い加入だがここから違う戦術を取り入れていくのではないだろうか
小池、島屋、安藤の退団を考えるとサイドからのスピードを生かした裏抜け、カットインを少なくし、高い位置でのゲーム構築。
小野瀬、三幸が高い位置でのプレーを行うとするならばそこからセンターでの裏抜けとして岸田、加藤、大石。
厚みを持たせる攻撃のためにインサイドハーフも前に向かわせてセンターバックの二人でケア、が今自分が思い描く戦術か。



と、書いてみたが。
それでも思うことは。

ファン、サポーターはチームだけを見て応援や支援をしているわけではない
一緒に、上がってきた
一緒に上がりたかった
その気持ちをもって応援している人もいる
スポンサードしてきた人たちがいる
どんな企業でも企業そのものを応援するのは少数で、営業の人間にファンはつくのだ
サッカーにおいて営業は、もちろん営業活動を行う営業マンはもちろん、選手も営業マンであるはずだ
だから街中で見かける選手が「品のない行動をとったり」「清潔感がなかったり」すれば途端にファンは離れていく
今年の選手たちはとても対応が良かった
負けていた時も、私生活の時も、常にファン、サポーターありきで行動していたと思う
そんな素晴らしい営業マンを大量解雇して、この先の営業活動をどのように展開していくのか
もちろん、新しく加入する選手たちが今以上に素晴らしい可能性は否定しないが、余りにも唐突すぎる切り離し方だと感じた


来年、2017シーズンのレノファ山口を多くの意味で楽しみにしている

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。