RSG主催 HSR九州サーキット4時間耐久レース

2016年夏。
ニコニコ動画で知り合った友人との飲みの席で

友「タケさん、12月末にミニバイクで耐久レースあるんですけど出ませんか?」

と、何気なく言われた言葉に

タケ「出る!

と簡単に答えた結果

11月某日

友「参加申し込みよろしく!」

タケ「御意」

という流れから2016年12月23日、HSR九州サーキットにて「RSG」様主催のミニバイク4時間耐久レースに参戦しました

今回は車両をレンタルということで無事に借りることが出来、人生で初めてエイプに搭乗することに。

参加バイクを見渡すと
レンタルエイプ組
エイプを改造しまくっちゃった組
グロムを改造しまくっちゃった組
懐かしのNSR50組
な感じで分かれていた気がしますが、初参戦なのであまりジロジロ見れていません(笑)
なんか、異常に速いKSRがいた気もするし、TZMもいた気がする

参加台数も約50台、参戦者は170だか180人になったそうです、皆バイクが好きだしサーキット走りたいんだなぁ
その中の一人なんですけどね(笑)

さて、お借りしたレンタルエイプ君


なぜかキーを抜いてもエンジンオフできずと言う神バイクだったのでエンジンストップはクラッチをつないでエンストさせなければならない素敵使用!
こいつは。。。波乱な予感

コースレイアウト、下見を経て早速15分ほど予選を兼ねた練習走行に入ってみた

あれだ、俺、あれだ。
パワーがありつつタイヤがハイグリップに慣れすぎて純正エイプの純正タイヤでサーキットランする恐怖は
ツルツルのカチカチタイヤを履いて走るのによく似ていた・・・。

フロントタイヤが心配で倒し込めない!
馬力がなくて立ち上がりのタイミングがわからない!
チェンジレバーが小さすぎてギアチェンジが難しい!
何よりどこに座ったらいいかわからない!

と、3週走った時点で(多分10分にも満たない)ピットイン、ライダー交代(笑)

チームメイトに心配されましたが今の状態で走っても楽しくないし、怖かったのでしばし走行ライン、車体特性を考察することに

1、タイヤが食いつかないならバンクさせず車両を起てて走行しよう
  ※NSR50で走っていた時と同じだよ、大丈夫なんとかなるって!

2、走行ラインは恐ろしい程のアウトインアウトで突っ込みは重視せず脱出速度で勝負をかけよう  
  ※レースではあるが無理をしすぎて転倒より長く走りたい!

3、今の全力を出し切ろう
  ※こけて仕事に行けませんは社会人としてダメだ!

の三点で思い出しながら、チームメイトさんに走行ラインを相談しながら、頭の中でコースを攻略


予選順位は42位、どこまで順位を上げていけるか楽しみなポジションだと思いつつ

決勝スタート!

12月末、しかも天候は前日からの雨で気温が更に下がり気味
路面温度も相当な低さだし、タイヤはあれだしで転倒者続出?!と思っていたら流石はファーストライダーたちです

全くこけないまますげー速度で走り抜けます

そんな中うちのチームのファーストライダーさんはガンガン順位をあげていってました
遠目に見てもコーナーへの突っ込み、バイクの切り返しの速度は素晴らしくて一緒のチームで走れることが嬉しくて、サーキット内で一緒に走れない悔しさもありつつ自分の準備を

そんなわけで自分の走りはこんな感じです


ファストラップ
http://https://youtu.be/afFLu4z_r0k


主だった周回ラップは1分58秒台が主ですね

最初のほうこそラインを覚えることに時間をかけていましたが、最後らへんは気楽に走れていました

しかし、なにせシフトアップに苦戦、あとギア自体覚えていない(笑)

新しく買ったブーツとシフトペダルの相性が大変な感じでしたので仕方ないかと思いますが、ここらへんはまた考慮せねば

あと、前方のライダーへのリスペクトが大きすぎて抜ける場面でも譲っている傾向が最初はあったので今後の改善点ですね

総じて楽しく走れた事は本当にいい経験でした

来年以降も開催があるようですし
また参加できればと思います。


次は・・・オープン参加はどうかな・・・?
IMG_20170108_151604.jpg
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。