讃岐戦

勝った試合だけど、負けていても不思議ではないがここ最近の試合運び。
これは良い事か、悪い事か。
個人的には良い事だと思う。
なぜならそれが「伸びしろ」だと思うから。
まだまだ序盤、ここからの楽しみのために!

※あくまでも個人的な感想です

・とても良かった点
センターハーフの三幸選手には感謝したい。
昨シーズンで考えると小塚選手が努めたポジションを誰が埋めていくのかはサポの間で大きく盛り上がったところ。
開幕の望月選手、途中交代でバランスを取ってくれる島川選手と来た中で
ファンタジスタでなく、バランサーでなく。
グラディエイターとして真ん中を埋めるとは思わなかった。
そしてパスを紡ぐ能力ももちろんあり、これからのレノファでのセンターハーフポジションの争いは本当に面白くなってきた。
スタメン固定が目立つ上野監督において計算できる「生命線」の選手が増えたことは面白く感じているだろうか?それとも悩み苦しむところだろうか?

・良かった点
福満選手はやはり前よりでの推進力からのパス、シュートに期待していたい。
もちろん上野監督もそこは重々承知で今までは三幸選手への信頼度が低かった故の起用と思う。
センター気味で動くのも楽しいが、サイドハーフとしても動いて欲しいと思う。
ポジションを広めにしていたので少しばかりセンターハーフに守備を任せすぎているかも。

中山選手はCFで出場だけど、色々周りをみて自分を活かそうとしていた。
一昨年からレノファでは(欠場を除いて)岸田選手の独壇場だったポジションで、競争相手が異常な程の信頼、結果を出しているので色を変えようと思っているのかもしれないけど、もっと得点を狙う方向で自我を出して欲しい。
このポジションは自分のものだ、誰も寄ってこなくていい!と自己主張を。

星選手も運動量と精度が向上していて期待できる
サイドハーフでのカットイン型のプレイヤーと考えたら少しもったいないかも知れない

北谷選手のオーバーラップは驚いた。
なるほど、後ろを任せられると感じた時の思い切りの良さは監督好みだと思うし、出来れば完全移籍して欲しい選手だ

香川選手が少しづつ調子が上がっている気がする。

庄司選手の強弱の効いたパスが見れて幸せ

悪く感じた選手

私には島屋選手が何をしたいのか解らない。
ポジションの被り、スペースの放置、楔のなさ。
岸田選手の代わりがしたかったのかもしれないが、岸田選手にはなれない。
逆に言えば岸田選手も島屋選手になれない。
もっと良さがあったはず。
サイドでの起点、時にカットインを選択、相手の予想を嘲笑うプレイが出来る選手と思っているのだけど、今シーズンで今日は本当に良かった!と思う時が少ない。

調子がずっと悪く思う選手

一森選手は何があったのだろうか。
不安になるシーズンだ。


総じて、今年も十分な戦力が整っていると思う。
勝てそう、負けそう、点を取れそう、取られそう。
全てが混ざったシーズンだと思う。

次節の熊本は開幕からスタートダッシュに成功して波に乗っているチームの一つだと思う。
どんなサッカーを上の監督が描いてくるのかを楽しみに週末を待とうと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。